GYMが発信するコラム

Zoomウェビナーのアーカイブ配信とは?メリットと方法を紹介

Zoomウェビナーのアーカイブ配信とは?メリットと方法を紹介

近年ますます注目を集めているZoomウェビナーですが、リアルタイム配信だけでは参加者がどうしても限定されてしまいます。より多くの方に視聴してもらうためには、Zoomウェビナーを録画保存して、後から再配信するアーカイブ配信の選択も視野に入れましょう。

当記事ではアーカイブ配信の定義から利用するメリット、さらには配信方法までを解説します。Zoomウェビナーの配信を検討している方はぜひ参考にしてください。

アーカイブ配信とは

「アーカイブ(Archive)」には「記録」という意味があり、アーカイブ配信はその名の通り、ウェビナーの映像・音声をすべて録画して配信する方式を言います。ライブ配信とアーカイブ配信のハイブリッドで、ウェビナーを計画する企業も少なくありません。

このアーカイブ動画の配信方法には、オンデマンド配信とダウンロード配信の2種類があります。それぞれの違いについて見ていきましょう。

オンデマンド配信とは

オンデマンド配信とは、録画したウェビナー動画をアップロードして、視聴者が好きなタイミングでアクセスして視聴できる配信形式です。もっとも身近なオンデマンド配信といえばYouTubeでしょう。視聴者は共有されたURLをクリックするだけで簡単にウェビナーを再生できるため、主催者側が視聴へ誘導しやすい配信方法と言えます。

ダウンロード配信にした場合、参加者は一度配信されたウェビナー動画をすべてダウンロードしなければなりません。通信環境が不安定でも、一旦ダウンロードしてしまえば快適に再生できるところは、ダウンロード配信の最大のメリットです。

一方、視聴時にはすべてのデータをダウンロードしなければならず、パソコンなどの端末内にはある程度の保存領域を確保する必要があります。一度ダウンロードしたら何度でもリピート再生できますが、運営側はダウンロード期限を設けるなど視聴を制限することも可能です。

ウェビナーでアーカイブ配信がおすすめの理由

多くの組織・企業のZoomウェビナーをプロデュースしている株式会社ジムですが、基本的にはライブ配信よりもアーカイブ配信のウェビナーを推奨しています。その理由はさまざまですが、ここでは代表的な理由を5つ紹介します。

参加者の好きな時間にウェビナーを見てもらえる

アーカイブ配信最大のメリットは、時間や場所の制限を受けることなく参加者が動画を視聴できる点にあります。配信時間が決められているライブ配信では参加できる人も限られてきますが、アーカイブ配信であれば都合の良いタイミングで視聴してもらえます。

ただし、配信だけしても見てもらえなければ意味がありません。ウェビナー動画を共有するときには、配信期限を設けるなどして積極的に視聴へと誘導しましょう。

よりハイクオリティなウェビナー配信が可能

リアルタイムで配信するウェビナーとは異なり、アーカイブ配信ではあらかじめ撮影した映像を編集、加工して配信することができます。動画をトリミングしたり、テロップを入れたりすることで、より視聴価値の高いウェビナー動画が完成します。ウェビナーのクオリティを上げたい方におすすめです。

配信トラブルが起こりにくい

ライブ配信のウェビナーでは、万全の体制を整えたつもりでも何が起こるかわからないものです。万が一、当日の通信環境や機材の調子が悪くて音声や映像が乱れたとしても、やり直しはききません。

それもアーカイブ配信であれば、トラブルが発生したとしても録り直しがきくため、結果としてハイクオリティなウェビナーを配信できます。

資産として保存できる

オンデマンド配信であれば、録画したウェビナー動画を映像資産として残すことができます。この資産は営業先へのプレゼン資料として活用できますし、自社のホームページにアップすることも可能です。その場限りの視聴コンテンツとなるライブ配信よりも活用の場を広げられる点は大きなメリットといえます。

配信工数を削減できる

ウェビナー開催時には開催日時の告知から申込みフォームの作成と管理、会場設営、そして当日の配信とさまざまな作業が発生します。特にライブ配信では毎回作業が発生するため、人手もコストもかさみがちです。

一方、アーカイブ配信では録画したウェビナーを繰り返し配信することで、ウェビナー開催にかかる手間とコストを削減することができます。アーカイブ配信でも撮影や編集に手間とコストがかかりますが、長い目で見れば効率的な配信方法と言えるでしょう。

アーカイブ配信にはデメリットもある

メリットが多いアーカイブ配信スタイルのウェビナーですが、デメリットがまったくないわけではありません。

ライブ配信のようにリアルタイムで参加者とのコミュニケーションが取れないアーカイブ配信では、相手の反応が見えずに一方的な配信になりがちです。また、何度でもやり直しがきくことから、運営側に「失敗したらやり直せばいいや」という気の緩みが生まれ、プレゼンや運営のスキルがいつまでたっても向上しないことも。

これではウェビナーを開催する意味がありません。自社のウェビナーの課題を可視化できるように、配信後は参加者からアンケートを取るなどしてフォローアップに努めましょう。

また、動画を編集してクオリティの高い動画を配信するとなると、一定の編集スキルも求められます。自社に経験者がいない場合、動画編集に時間を要するかもしれません

Zoomウェビナーのアーカイブ配信方法

ウェビナーの配信媒体はさまざまですが、そのなかでもやはりZoomは主流です。このZoomではライブ配信はもちろん、アーカイブ配信も可能です。ここからは撮影した動画をZoomを通じてアーカイブ配信する方法を説明します。

アーカイブ配信の共有方法

Zoomでアーカイブ配信をするためには、まずはZoomでオンデマンドウェビナーを開催する必要があります。この際には、ホストとパネリストのビデオをオフにしておきます。

実際にウェビナーを開催した後は、Zoomアカウントの「記録」タブから該当の動画の右側にある「共有」をクリック、「共有情報のコピー」の順でクリックすると、URLとパスワードがクリップボードにコピーされるのでそれをお知らせすればオンデマンド配信ができるようになります。ただし録画したままの動画なので編集などはできません。

YouTubeへのアップロード方法

Zoomに記録したウェビナー動画はYouTubeにアップロードをすることができます。Zoomにサインインをしたらナビゲーションメニューから「記録」を選択し、「ダウンロード」へと進みます。

ダウンロードが完了したら次にYouTubeのホームへと進み、「YouTube Studio」から動画をアップロードしましょう。公開された動画のURLを視聴希望者に共有するだけで配信は完了です。

アーカイブ配信の注意点

Zoomウェビナーをアーカイブ配信するときに押さえておきたいポイントは以下の3つです。これらを押さえておくだけで、より質の高いウェビナーを期待できます。

著作権・肖像権には要注意

ウェビナーの講師には著作権と肖像権が発生します。そのため、アーカイブ配信をする際には配信しても良いかどうかを、必ず講師に確認しましょう。講師が著名人である場合は、とりわけ配慮が求められます。著作権・肖像権を守る手段としては、閲覧期間やパスワード制限などを設けて、アーカイブ配信をする方法も有効です。

編集スキルのある人材が必要

Zoomウェビナーのアーカイブ配信は、編集できる点がひとつの大きな強みです。しかし、運営側に編集スキルがなければ、せっかく録画したウェビナーもブラッシュアップされません。

未経験者が動画を魅力的に編集するのは至難の技であるため、運営側の編集スキルが不足している場合、外部業者に依頼することをおすすめします。

定期的なアーカイブ配信がおすすめ

ウェビナーのアーカイブ配信を定期的に行うことで、自社のウェビナーに不足している点に気づき、回を重ねるごとに改善していくことができます。複数回配信するたびに、自社のファンが増えていく可能性も考えられます。ぜひ定期的なウェビナーを計画し、制作のノウハウを自社に蓄積していきましょう。

Zoomウェビナーのアーカイブ制作はジムにおまかせ!

Zoomウェビナーのアーカイブ配信には、ライブ配信にはない魅力があることがわかりました。何度もウェビナーを視聴いただくことで、自社のサービスや商品の魅力に気づいてもらえるかもしれませんね。しかしながら、アーカイブ配信には編集スキルやノウハウが求められるため、未経験の方にはハードルが高いことも事実です。

「Zoomウェビナーのアーカイブ配信には興味があるけれど、自分たちで制作する自信がない」という方は、ぜひ株式会社ジムにご相談ください。大手企業や学術学会のウェビナー動画を制作した実績をもとに、お客様に最適なウェビナー動画を提案させていただきます。愛着のある自社の商品やサービスを、ウェビナーで最大限にアピールできるはずです。

GYMはクライアントのブランディング活動のために
クリエイティブの領域でソリューションを提供します。
下記のような課題がありましたらお気軽にお問い合わせください。

  • 商品・サービスの
    ブランディングを確立して
    ユーザーに発信したい
  • どのように伝えれば
    ユーザーのココロに
    届くだろうか?
  • 事業や経営に沿った
    クリエイティブがほしい
Return Top