GYMが発信するコラム

動画広告と静止画のバナー広告 効果があるのはどっち?

動画広告と静止画のバナー広告 効果があるのはどっち?

YouTube、Facebook、Twitter、Instagramなどで、急激に増えている動画広告。
動画広告にはどれくらいの効果があるのか、静止画のバナー広告と何が違うのか、動画広告と静止画のバナー広告ではどっちが効果的なのか知りたいという企業のマーケティング担当者も少なくないでしょう。
そこで、この記事では、YouTubeやFacebookなどでの動画広告の効果のポイント、動画広告と静止画のバナー広告との効果の違い、おすすめの広告動画作成サービスについてご紹介します。

動画広告と静止画のバナー広告の効果の違いは?

YouTubeをはじめ、さまざまなSNSでも、あたりまえのように配信されている動画広告ですが、どんな効果があって、静止画のバナー広告とはどんな効果の違いがあるのか、解説しましょう。

圧倒的な情報量の多さ

動画広告は、映像と音声を使って、短時間で企業の商品やサービスをユーザーに紹介します。静止画の場合は一枚絵だけですが、動画だと複数のビジュアルと聴覚にも訴求することができるため、情報量が圧倒的に多く、商品やサービスの魅力を伝えやすいという効果があります。映像と音声を使えば、インパクトを与えやすく、会社や製品のイメージもわかりやすいので、ユーザーが興味をもってくれる確率も高くなるでしょう。商品やサービスのブランディングや認知度アップの期待もできます。

ストーリー性がある

静止画ではワンシーンしか伝えることができませんが、動画なら、その商品やサービスを利用しているシーンだけでなく、その後どうなったか、ストーリー性のある広告を配信することができます。
たとえば動画では、商品をおいしそうに食べている子どもの顔のアップから始まって、家族みんなが笑顔になった団らん風景まで、1本の広告で表現できます。商品やサービスを使っているシーンから、それによって変化が現れたシーンまで、ストーリーで伝えることによって、ユーザーにイメージしてもらいやすくなるのです。

ターゲットを拡大しやすい

動画広告は、Web上で配信されることが多く、特にYouTubeやSNSの利用率が高い 10代~20代の若い年齢層により多く視聴してもらえます。そのうえ、インパクトの強い動画広告だと、あっという間に拡散されることもあります。Twitterで、多くの「いいね」をもらったり、リツイートされることで「バズる」と、数万人から数十万人のユーザーへ瞬時に広まり、会社として大きな宣伝効果が期待できるのです。
まずは10代~20代にアピールして興味をもってもらうことで、YouTubeやSNSを利用しているその他の幅広い世代にも広めていくことができるでしょう。

動画広告と静止画のバナー広告はどっちが効果的?

株式会社ジムでは、自社の運営する『動画パスポート』サイトへの集客を狙いに、Facebookに広告を出稿。動画広告と静止画のバナー広告のABテストを行いました。
2021年8月19日~25日の1週間、Facebookに動画広告3本、静止画のバナー広告3本を出稿。動画広告は同じビジュアルで、キャッチコピーのみ異なる3本。静止画バナーはその動画広告3本と同じビジュアル、キャッチコピーで、それぞれ1本ずつ、計3本の広告を出稿。動画広告は再生回数に対するリンクのクリック数、静止画のバナー広告はサイトの閲覧数に対するクリック数を調査しました。

動画広告からのサイト流入は静止画の約6倍

株式会社ジムによるFacebookでの調査データの結果を見ると、最も効果があったのは動画A。再生数25,467回で、リンクのクリック数は624回、クリック率2.35%。逆に最も効果が少なかったのは静止画A。リーチ数17,516回で、リンクのクリック数は68回、クリック率0.38%。つまり同じキャッチコピーで6倍以上もクリック率が違いました。
この調査データからは、動画広告のほうが静止画のバナー広告よりもWebサイトへ誘導する効果が高いといえます。ただし、製品やターゲット、出稿する媒体によって静止画の方が良い場合もあるので、すべての条件でも動画の方が上回るとは限りません。

静止画のバナー広告も必要な理由とは?

調査データを分析すると、静止画のバナー広告でも、動画広告より少ないとはいえ、0.38%の人がリンクをクリックしてくれています。Facebook広告を出稿した1週間で、動画広告から867件、静止画のバナー広告からも182件のWebサイト流入を獲得しているのです。
さらに別の事例ではあるものの、動画広告からWebサイトへ流入してきたユーザーと、静止画のバナー広告から入ったきたユーザーを比べると、両方かぶっている人は4%以下しかいなかったという参考データもあります。つまり、静止画のバナー広告のみから流入するユーザーも確実に存在するため、より多くのWebサイト流入を獲得するには、静止画のバナー広告も必要なのです。

動画と静止画の両方を広告展開するメリット

動画広告の場合、ユーザーにとって一見興味がないコンテンツだと、わずか数秒でスキップされて、最後まで見てもらえないというデメリットがあります。実は、そのユーザーにも魅力のある内容だったとしても、いくら優れた動画広告を配信しても、再生してもらえなければ、残念ながら伝えることができません。
しかし、静止画ならパッと見た瞬間に情報が入ってくるので、商品やサービスの魅力を一覧で伝えやすいというメリットがあります。
動画と静止画では、ターゲットが異なり、伝え方も違ってくるため、予算を割り振って両方の広告を効果的に展開することで、より多くのWebサイト誘導が期待できるでしょう。

動画と静止画の広告を低コストで制作する方法

動画広告と静止画のバナー広告の両方を展開することで、より多くのWebサイトへの流入効果を上げることができます。しかし、広告予算には限りがあります。
そこで、おすすめしたいのが、株式会社ジムの広告動画作成サービス「動画パスポート」です。動画制作料金1本1万円~という圧倒的なコスパで、リーズナブルに効果的な広告動画を制作することができます。

1本1万円~動画広告が制作できる「動画パスポート」

株式会社ジムの「動画パスポート」は、YouTubeやSNSで配信するための6秒~30秒程度の動画広告を依頼できるサービス。動画制作費は1本1万円~、たとえば5万円の予算で5本の動画を制作することができます。1,000種以上のテンプレートの中から商品やサービスに適したものを選んだり、会社で手持ちの写真や動画素材からも制作できるため、さまざまな動画広告を配信し、ABテストで比較することで、より効果の高い広告を展開することができるのです。

1本の動画から複数の静止画バナー広告も制

「動画パスポート」で1本の動画広告を制作したら、その動画のシーンごとに5本の静止画広告を制作することができます。低コストで動画広告を配信するだけでなく、同時に静止画のバナー広告も展開できて、別々に制作するよりずっとお得。少ない広告予算でも、動画広告と静止画のバナー広告の両方で、Webサイトへの誘導効果を上げることが可能です。

Facebook広告への配信結果を分析した効果レポートを無料でお送りしています。サービス紹介や実績動画など、詳しくは下記よりご覧ください。

 

GYMはクライアントのブランディング活動のために
クリエイティブの領域でソリューションを提供します。
下記のような課題がありましたらお気軽にお問い合わせください。

  • 商品・サービスの
    ブランディングを確立して
    ユーザーに発信したい
  • どのように伝えれば
    ユーザーのココロに
    届くだろうか?
  • 事業や経営に沿った
    クリエイティブがほしい
Return Top