GYMが発信するコラム

コロナ禍でコーポレートサイトの注目度UP!  サイトリニューアルの目的と正しい進め方

コロナ禍でコーポレートサイトの注目度UP!
サイトリニューアルの目的と正しい進め方

コーポレートサイトとは、企業の公式ホームページのことで、会社のさまざまな情報を多くの人たちに伝えることができる重要なツールです。
コロナ禍で、オンラインでの営業・打ち合わせ・会議・面談などが主流になり、直接会社を訪問できる機会が激減するなか、企業の情報を得るために、まずコーポレートサイトを閲覧する人が増えていて、注目度がアップしています。この機会にコーポレートサイトをリニューアルしようと考えている会社も多いでしょう。
しかし、「何年も前に作ったコーポレートサイトのまま放置している」「コーポレートサイトをリニューアルしたいけど、正しい進め方が分からない」という中小企業は少なくないのではないでしょうか。さらに、「自社のコーポレートサイトをどのようにリニューアルすればいいのか、目的が分からない」「リニューアルに失敗して逆効果になるのが不安だ」とお悩みの中小企業経営者もいらっしゃることでしょう。
そこで、この記事では、コーポレートサイトをリニューアルする目的と、コーポレートサイト制作の正しい進め方について解説します。

コーポレートサイトをリニューアルする目的

コーポレートサイトをリニューアルする理由、戦略のポイントとしては、主に、
●常に企業の最新情報を掲載したい
●事業活動のハブとして機能させたい
●企業のブランディングをしたい
●コーポレートサイトのアクセス数を上げたい
●サイトからの問い合わせを増やしたい
などが挙げられます。

企業の最新の情報を更新する

コロナ禍で会社を気軽に訪問してもらうことができない昨今、コーポレートサイトは貴重な情報源になります。また、新しい製品やサービスについて知りたいと思ったユーザーがコーポレートサイトにアクセスした時、必要な情報が掲載されていなければ、売上げに影響を及ぼします。新規の顧客獲得はもちろん、リピーターを増やすためにも、常に最新の企業情報を更新し続けていく必要があるのです。

事業活動のハブとして機能させる

コーポレートサイトは、会社案内のツールとしてひとつ作ったら終わり、ではありません。例えば、新しい製品やサービスのブランドサイトを作ったら、コーポレートサイトはその入口として活用できます。また、ランディングページから運営会社や販売会社のリンクでコーポレートサイトに流入することもあります。新卒採用が始まる時期になったり、中途採用の求人をする場合も、コーポレートサイト内に採用情報を掲載して応募フォームを設ければ、サイトの中で採用活動ができます。また、自社でメディアを持った時、そのメディアの入口としても活用できるでしょう。コーポレートサイトは、幅広い事業活動を展開していくうえでのハブとして重要な存在になるのです。

企業のブランディングをする

貴社のコーポレートサイトは、どういう企業なのか、ブランドイメージを正しく伝えることができていますか? デザインが古く感じられたり、広告などで展開している企業イメージと合っていなかったり、製品やサービスのページが分かりにくいと、正しいブランディングができません。
顧客や取引先の担当者がコーポレートサイトを訪問した時、きちんとブランディングできていれば、商品やサービスの特長を明確に伝え、売上につなげられます。就職活動をしている学生がコーポレートサイトのコンテンツで好印象を持ち、この会社で働きたいと心を動かされることもあるでしょう。正しいブランディングは、コーポレートサイトをリニューアルする際の大切な課題のひとつなのです。

コーポレートサイトのアクセス数を上げる

PCよりスマートフォンでサイト検索をするユーザーが増加しているなか、何年も前に作った古いコーポレートサイトだと、スマートフォンに対応した表示がされなかったり、ユーザビリティが低く、アクセス数が伸びない傾向があります。またGoogleの検索順位を上げるためにはサイト内でキーワードを多用するなどのSEO対策をした設計も必要です。TwitterやfacebookなどのSNSと連携させれば、そこからコーポレートサイトへ誘導することもできるでしょう

サイトからの問い合わせを増やす

問い合わせや資料請求などのフォームが古いまま放置されていたり、そもそも問い合わせフォームがない、あっても分かりにくいと、コーポレートサイトを見て興味を持ってくれたユーザーが、問い合わせや資料請求などの次のステップへ進めません。
問い合わせ・資料請求・資料などのダウンロードのページへのアクセス数を増やし、サイトから気軽に問い合わせをしてもらうために、分かりやすく使いやすい問い合わせフォームや資料請求フォームへのリニューアルが必要になってきます。

コーポレートサイトのリニューアル時の失敗例

より良いコーポレートサイトにするためにリニューアルしたはずが、かえって分かりにくくなってしまったり、企業イメージとかけ離れてしまったり、アクセス数が減ってしまうという逆効果もあります。実際、どんな失敗例があるのか、ご紹介しましょう。

会社の実態が伝わらなくなってしまった

見た目を重視して、おしゃれでシンプルなデザインにするため、一覧の掲載だけなど極端に情報量を減らして簡略化しまった結果、そもそも何の会社なのか実態が分からなくなってしまった、という事例があります。コーポレートサイトの雰囲気が既存の企業イメージと違い過ぎると、サイトを訪問したユーザーに別の会社だと誤解されてしまうこともあるでしょう。

ターゲットに合っていないサイトになってしまった

今までのデザインが古かったので、流行のフォーマットを取り入れたところ、もともとの客層のイメージとはかけ離れたコーポレートサイトになってしまい、商品やサービスのブランディングにも影響した、ということがあります。さらに企業側が発信したいメッセージだけをつめこんでしまって、ユーザーが求めている情報が少なかったり、ターゲットと合っていないコンテンツに変わってしまうと、もともとのユーザーが離れてしまうリスクがあるのです。

競合他社と似たようなデザインになってしまった

見栄えするコーポレートサイトにしたい、ターゲットに合ったデザインにしたい、商品やサービスの情報を正しく伝えたい。コーポレートサイトを制作するにあたって、どの企業も目指すところは一緒ですので、同じような商品やサービスを提供している競合他社と似たようなデザインになってしまうことは、めずらしいことではありません。競合他社のコーポレートサイトをきちんとリサーチしていないと、たとえ意に反していても競合他社のマネをしたと誤解されてしまったら企業イメージが悪くなりますし、最悪の場合、訴訟問題に発展する危険性もあります。

サイトのアクセス数が逆に減ってしまった

Googleは、検索ユーザーが求める情報を予測して、最適な検索結果をランキングで表示します。検索結果の順位を上げるには、SEO対策をしなければいけないのですが、それを一切考えずにコーポレートサイトをリニューアルしてしまうと、検索順位が下がってしまい、せっかくリニューアルしたのに検索に引っかからないという残念な結果になりかねません。
また、リニューアルする際にURLを変えてしまうと、他のサイトで貼ってもらっていたリンクが無効になってしまい、当然のことながら、その分のアクセス数が減ります。ドメインを変更しなくても、フォルダ名やディレクトリを変更したことで、リンク切れになるケースもあります。ブックマークにURLを保存してくれていたユーザーがサイトに飛べなくなるため、URLを変更した場合はリダイレクト設定が必須なのです。

運用コストが掛かるようになってしまった

常に最新の情報をコーポレートサイトに掲載し続けるには、定期的に更新をする必要があります。しかし、更新することを考慮せずに作ってしまい、自社で作業することが難しいコンテンツだと、更新するたびに制作会社に依頼しなくてはならず、時間とコストが掛かってしまいます。保守・運用・更新が社内で可能か、制作会社に外注するなら、その費用も予算に組み込んでおく必要があるのです。

コーポレートサイトのリニューアルの正しい進め方

わざわざ時間とコストをかけてコーポレートサイトをリニューアルしても、前述のような失敗をしてしまっては意味がありません。
こうした失敗を防ぎ、コーポレートサイトを正しく改善するには、どうやってリニューアルを進めればいいのでしょうか?

事業課題に対して目的を共有できる制作会社を選ぶ

コーポレートサイトをリニューアルする際、まず考えなくてはいけないのが制作会社選びです。クリエイティブ能力はもちろん考慮したいのですが、それよりも、情報設計、ユーザビリティ、使いやすいサイト構築ができて、事業課題を解決してくれることが重要です。さらに、サイトを完成したら終わりではなく、保守・運用・更新を伴走して、事業課題に対して目的を共有しながらコーポレートサイトを成長させてくれる制作会社を選びましょう。

制作会社としっかり打ち合わせをする

コーポレートサイトをリニューアルする目的は、企業によって異なります。どんな目的でリニューアルをするのか、どんなコーポレートサイトに改善したいのか、制作会社と明確にゴールを決めてから、プロジェクトを進めていくことがポイント。
そのために、まず制作会社との打ち合わせを重ね、自社の商品やサービス、ブランディングについて正しく理解してもらい、どうリニューアルするのが最善の方法なのか、一緒に考えていきたいですね。

株式会社ジムが提供するWebサイト制作

株式会社ジムでは、コーポレートサイト、商品サイト、ランディングページのコンセプト設計・ディレクトリ構成からご提案しています。デザイン・コピー・コーディング・サーバーやドメイン取得のサポート、公開後の運用もトータルにおまかせいただけます。
まずお客様の商品・サービスをよく知るためのヒヤリングから始めて、プロモーションの全体像を考え、課題を解決した先にあるゴールをイメージして企画設計を行っています。コーポレートサイトのリニューアルにおいても、お客様のコーポレートサイトの課題点をしっかり分析し、制作や運用に反映させていきます。もちろん、事業課題に対して目的を共有しながら、お客様を伴走してコーポレートサイト制作を行っていますので、安心してご依頼ください。
どうやったら伝わりやすく、たくさんのユーザーに届けられるコーポレートサイトにリニューアルできるのか、お客様と一緒になって考えていきますので、気になる点など些細なことも何でもご相談お待ちしております。
株式会社ジムは、今までに数多く手がけてきたWeb制作の実績があります。最近の制作実績については、ご希望の方に紹介させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


 

GYMはクライアントのブランディング活動のために
クリエイティブの領域でソリューションを提供します。
下記のような課題がありましたらお気軽にお問い合わせください。

  • 商品・サービスの
    ブランディングを確立して
    ユーザーに発信したい
  • どのように伝えれば
    ユーザーのココロに
    届くだろうか?
  • 事業や経営に沿った
    クリエイティブがほしい
Return Top