GYMが発信するコラム

L P(ランディングページ)制作会社が教える、BtoBで効果の出るL Pの作り方

L P(ランディングページ)制作会社が教える、BtoBで効果の出るL Pの作り方

ランディングページを作りたいと思っても、何から始めたらいいか、分からないことも多いですよね。

この記事を読むと、効果の高いランディングページを作るためのポイントや、制作会社の選び方が分かるようになります。

それでは始めていきましょう。

今、LP(ランディングページ)が顧客獲得に効果的な理由

L P(ランディングページ)とは、ユーザーに対し、自社の売上につながるアクションを促すページです。

たとえば、商品を購入してもらう、申込みをしてもらう、資料をダウンロードする、などです。

そのために、自社商品やサービスについて様々な角度から紹介します。

実店舗にたとえるなら、来店したお客様に担当スタッフが付き添って、ていねいに説明をしながら店内を案内するイメージです。

お客様に伝えたいことを1ページにまとめてあるので、ユーザーも知りたいことをすべて知ることができ、最後まで読み進めてくれる可能性が高いです。

L Pがユーザーに寄り添った内容であれば、見込み客になってくれる可能性が高いのです。

営業活動がオンライン化しつつある今、ランディングページを用意するのは必須と言えるでしょう。

LP(ランディングページ)を作る時に陥りがちな失敗とは?

ですが、LPを制作しただけでは、十分な効果が得られるとは限りません。

デザインの技術や文章力があれば、誰でもL Pを作ることはできます。

ただ、デザインの格好よさや細かい文言にとらわれて、肝心のリード(見込み顧客)獲得ができていない、というケースもあるのです。

冒頭でもお伝えしましたが、LPの目的は、ページに流入したユーザーに何らかのアクションを起こしてもらい、自社とのつながりを作ること。

そのためには、L Pをどのような構成で制作するのか、入念な「設計」が必要です。

これからLPの制作をお考えであれば、きちんと結果が出る設計をした上で、制作するといいでしょう。

LP(ランディングページ)制作の予算はどれくらい?

LP(ランディングページ)の設計に「これが正解」というものはなく、目的や用途によって都度、考えていくのが一般的です。

当社では、顧客企業に細かくヒアリングして、1からページの内容を設計していきます。

一方で、LP制作用に、テンプレートを準備している制作会社もあります。

その場合は、決まったフォーマットに必要な要素を入れ込むだけなので、制作の手間を省けます。

完成にかかる時間をショートカットでき、費用も比較的リーズナブルです。

実際のところ、L P制作は1ページ10万円くらいから依頼できるところもありますが、多いのは1ページあたり20万円~60万円程度という印象です。

この金額の差は、制作プロセスの違いによる部分が大きいでしょう。

ですので、制作会社を選ぶ際は、自社がどんなL Pを作りたいのかを明確にして、制作会社に問い合わせをしてみるといいでしょう。

どのようなプロセスを経て制作するのか、どこからどこまで相談できるのかを確認します。

求めているものが一致すれば、テンプレートを利用するのもひとつの方法だと思います。

ただし、自社の希望を反映しづらいのはデメリットなので、実際にはオリジナルの設計を希望される企業様も多い印象です。

当社では、顧客企業様の商品やサービス、情報を届けたいターゲットなど、あらゆる角度から検討してLPの構造を設計しています。

B to Bにおける、効果の高いLP(ランディングページ)を作るポイント

当社では、主に「B to B」のLPを制作しています。

B to BとB to Cではターゲットが違うため、LPの設計や盛り込む要素、目指す成果も異なります。

ポイント①リードの獲得を目指す

B to CのLP(ランディングページ)では、製品を購入してもらうのがゴールです。

一方、B to Bの場合は、リード(見込み顧客)の獲得が目標となります。

たとえば、問い合わせをしてもらう、資料や特典をダウンロードしてもらう、などです。

行動の敷居を低くして、多くのリードを獲得。その後は有益な情報を提供し続けるなどして、自社のファンになってもらうことです。

L Pは、出会うためのきっかけづくり

当社も多くの担当者様からお問い合わせをいただきますが、極力早めにお返事をしています。

お問い合わせの内容をもとに、必要と思われる資料を作成し、情報をお送りすることもあります。

すると、先方に安心していただけることが多く、アポイントや商談につながることが多いです。

このように、L Pはコンバージョン率だけでなく、長期的なフォローによって関係性を築いていくことが大切。

いちど信頼関係ができると、リピーターになってくれる可能性が高いです。

ポイント②他社との比較に強い内容にする

B to CのLPは、閲覧しているユーザー自身に決定権がある場合が多いです。

LPの内容に心を動かされ、突発的に申し込む人もいるでしょう。

一方、B to Bの場合、LPを閲覧するユーザーに、行動の決定権がないケースも多いです。たとえば上司に頼まれて、情報を集めているだけかもしれません。

ですので、他社と比較されたとき、信頼を与えられるような内容であることが望ましいです。

感情に訴えかけるだけでなく、機能やスペックなど客観的な説明や、数値データや導入企業数、メディアでの掲載実績など、あらゆる情報を網羅する必要があります。

デザインに関しても、B to Cであれば、ターゲットとなるユーザーの好みをイメージしますよね。女性向けであれば、女性が好みそうなおしゃれなデザインにするなど。

ですが、B to Bの場合は、ユーザーの属性を選ばないベーシックなデザイン、安心感や信頼感、落ち着いたトーンを重視します。

ポイント③集客を意識する

B to Bのランディングページには、自社の専門分野に興味を持っている人から、大量のアクセスが集まるようにしたいものです。

そのために、適切な手法を駆使することが大切です。

たとえば、オウンドメディアの記事からL Pに流れる仕組みを作ります。

オウンドメディアでは、見込み顧客にとって役に立ちそうな知識を提供し、検索からアクセスを狙います。

記事を読んだ人が「関連情報を知りたい」と思ってLPに進んでくれて、そこから問い合わせやサンプルの申し込みができるようにします。

L P自体もSEOを意識して、検索のニーズを満たすことも大切ですし、広告やSNSとL Pを連動させるのもありでしょう。

どのような手法が合うかはケースバイケースですが、見込み顧客を呼び込むために最適な手法を用い、LPを制作します。

ポイント④リード獲得への仕組みを設計

L Pを最後まで読んでもらうには、伝えるべき情報を、どのような順序で伝えるかが重要です。

さらに、「今月いっぱい無料でダウンロードできます」のように、ユーザーが今すぐアクションを起こすべき理由を用意して、リードの獲得を目指します。

LPは制作後の改善によって効果が上がる

前述の通り、LPは作るだけで満足してはいけません。

これまでにお伝えした、1〜4のポイントを踏まえても、すぐに結果が出るとは限らず、定期的な見直しや改善が必要になります。

むしろ、作った後の運用が重要とも言えます。

当社では、LPの制作にとどまらず、その後の運用も含めてサポートしています。

LPの改善は感覚的にではなく、データを元に検証します。

よく用いられる指標に「CVR(コンバージョン率)」と「CPA(CV1件あたりの獲得単価)」がありますが、こういった数値を定期的にチェックして、改善策を立てていきます。

LP(ランディングページ)制作会社をお探しの方へ

当社では、B to Bの発信をサポートする、ランディングページやオウンドメディア、映像制作など、各種クリエイティブを手がけています。

もっと詳しい話を聞きたい、制作をサポートしてもらえる?などの疑問やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

GYMはクライアントのブランディング活動のために
クリエイティブの領域でソリューションを提供します。
下記のような課題がありましたらお気軽にお問い合わせください。

  • 商品・サービスの
    ブランディングを確立して
    ユーザーに発信したい
  • どのように伝えれば
    ユーザーのココロに
    届くだろうか?
  • 事業や経営に沿った
    クリエイティブがほしい
Return Top